アルバイトのキャッシング限度額設定について

金融機関のキャッシングは、ある程度の定期的な収入があれば申込ができますし、融資限度額の設定もしてくれます。しかし、アルバイトをしている人の場合は収入が少ないので、融資限度額は少なくなります。現在、消費者金融などの貸金業者は年収の3分の1までしか貸付ができません。親の扶養控除の限度である103万円に留めているのであれば、最大34万円までしか融資枠は設定されません。

銀行でキャッシングの契約を結ぶ場合、その銀行に口座を開設して給与振込口座に指定することで、かなり融資条件は良くなります。しかし、年収100万円の人に対して50万円を超えるような融資限度額を設定してくれるとは思えませんので、消費者金融と実際には融資条件は変わりません。

アルバイトをしている人は、学生さんであっても社会人です。学生時代にキャッシングの申込をしておき、実際に金利を提示されることで社会の厳しさを改めて認識することができます。就職しないと、社会のことはわからないと言われがちですが、実際には学生自体にアルバイトなどをすることで体験できることも多いのです。