キャッシング限度額と総量規制の関係性

キャッシングというのは、お金を借りる行為ですが、これには限界があります。消費者金融からお金を借りる場合、総量規制という規制があります。

この規制によって年収の三分の一までしか借りることができない、という状況になっています。但し、これは消費者金融のことであり、銀行などによってのキャッシングは別になります。これは銀行法のほうが適用されるからです。ですから、年収の三分の一以上の借り入れをする場合は、消費者金融は利用しないことです。

しかし、少額小口融資で年収の三分の一を超える借り入れというのは、そもそも基本的にお勧め出来ないです。何故かといいますとまず原則的にキャッシングというのは、金利が高目であるからです。それでも昔よりはかなり下がっているわけですが、それでも年収の三分の一以上の借り入れるのは避けるべきです。

限度額が三分の一に決まっているのは国がそれが限界である、という判断をしたからでもあります。