キャッシング限度額は申込者の信用力がカギ

キャッシングの限度額には、まさに限界があります。それこそが総量規制であるわけですが、基本的には年収の三分の一以上は駄目になっています。

基本的に、と言うのはいくらか例外があるからです。一つはそもそもキャッシングといってもそれが銀行のサービスである場合です。この場合、カードローンと呼ばれていることもありますが、サービスとしてほぼ違いがないこともあります。

ですから、まずは借りることができる金額を知るべきです。原則は年収の三分の一、と言うのは知っておいたほうが良いでしょう。

この限度額とは要するに自分の信用度によって決まることでもあります。確かに年収の三分の一が消費者金融においては限界ですが、これが絶対的に貸すべき限度額というわけではないからです。

もっと低い人もいます。それはその人の金融信用度によるわけです。誰々がいくら借りられたから私もそうだろう、という考えではないです。あくまで個々人の信用度によるわけです。