消費者金融のキャッシングの審査を通過するためのポイント

消費者金融が取り扱いをしているキャッシング商品やカードローンは、契約しておけばお金が必要となった時には利用限度額の範囲以内でいつでも借り入れができる非常に便利な金融商品となっています。

多くの人が便利に利用していますし、利用したいと考える人は多くいるでしょうが、利用するためには各消費者金融が実施している所定の審査を通過する必要があります。どうしても通したいという人はどのような点に気をつけて申込をすればよいのでしょうか。

まず挙げられるのが、他社からの借入履歴です。例えばクレジットカードのキャッシングをしていて、消費者金融の商品に申し込みをする時点でクレジットカード会社に多額の利用残高がある場合には、審査を通過するのがやや厳しくなってしまうので、他社から借り入れがある場合には事前に完済しておくことをおすすめします。

またいきなり高額の利用限度額で申し込みをするよりも最初は少額の限度額で申し込みを行うと、審査を通過しやすくなります。

高額の利用限度額で契約したい場合には、まずは少額の限度額で申し込みをした後に、利用実績を積み重ね、半年程度利用した後に増額申し込みをすることをおすすめします。もちろん、その半年間の間に返済は絶対に延滞しないように注意をしましょう。

キャッシング限度額は申込者の信用力がカギ

キャッシングの限度額には、まさに限界があります。それこそが総量規制であるわけですが、基本的には年収の三分の一以上は駄目になっています。

基本的に、と言うのはいくらか例外があるからです。一つはそもそもキャッシングといってもそれが銀行のサービスである場合です。この場合、カードローンと呼ばれていることもありますが、サービスとしてほぼ違いがないこともあります。

ですから、まずは借りることができる金額を知るべきです。原則は年収の三分の一、と言うのは知っておいたほうが良いでしょう。

この限度額とは要するに自分の信用度によって決まることでもあります。確かに年収の三分の一が消費者金融においては限界ですが、これが絶対的に貸すべき限度額というわけではないからです。

もっと低い人もいます。それはその人の金融信用度によるわけです。誰々がいくら借りられたから私もそうだろう、という考えではないです。あくまで個々人の信用度によるわけです。

キャッシング限度額と総量規制の関係性

キャッシングというのは、お金を借りる行為ですが、これには限界があります。消費者金融からお金を借りる場合、総量規制という規制があります。

この規制によって年収の三分の一までしか借りることができない、という状況になっています。但し、これは消費者金融のことであり、銀行などによってのキャッシングは別になります。これは銀行法のほうが適用されるからです。ですから、年収の三分の一以上の借り入れをする場合は、消費者金融は利用しないことです。

しかし、少額小口融資で年収の三分の一を超える借り入れというのは、そもそも基本的にお勧め出来ないです。何故かといいますとまず原則的にキャッシングというのは、金利が高目であるからです。それでも昔よりはかなり下がっているわけですが、それでも年収の三分の一以上の借り入れるのは避けるべきです。

限度額が三分の一に決まっているのは国がそれが限界である、という判断をしたからでもあります。

アルバイトのキャッシング限度額設定について

金融機関のキャッシングは、ある程度の定期的な収入があれば申込ができますし、融資限度額の設定もしてくれます。しかし、アルバイトをしている人の場合は収入が少ないので、融資限度額は少なくなります。現在、消費者金融などの貸金業者は年収の3分の1までしか貸付ができません。親の扶養控除の限度である103万円に留めているのであれば、最大34万円までしか融資枠は設定されません。

銀行でキャッシングの契約を結ぶ場合、その銀行に口座を開設して給与振込口座に指定することで、かなり融資条件は良くなります。しかし、年収100万円の人に対して50万円を超えるような融資限度額を設定してくれるとは思えませんので、消費者金融と実際には融資条件は変わりません。

アルバイトをしている人は、学生さんであっても社会人です。学生時代にキャッシングの申込をしておき、実際に金利を提示されることで社会の厳しさを改めて認識することができます。就職しないと、社会のことはわからないと言われがちですが、実際には学生自体にアルバイトなどをすることで体験できることも多いのです。